読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PG.Lib

主にUWP、C#に関することやガジェット系

iPhoneで動画撮影を快適にする為に自撮り棒的なのを買った話

普段の写真撮影はiPhone7plusか眼レフですが、動画撮影は現状99%がiPhone7plusです。

数年前に買ったCanonのビデオカメラはあるのですが、サッと出して使うには割と不向きだし、ズーム性能以外はiPhone7plusに負けてるので、近頃は出番がめっきり減ってます。

なので、iPhone7plusでの動画撮影環境を整備しようと、少しずつですが買い揃えていたのが、最近ようやく揃ってきたので紹介したいと思います。

Shoulderpod S1

正直、最初はコレだけのつもりだったんですよね…。

スマホを「コの字」型のホルダーで固定して、快適に写真・動画撮影できるガジェットです。

ホルダーだけだったら、百均とかにも売ってますが、バネ式ではなくネジ式なのでかなりガッチリホールドしてくれます。まず外れる事はないのと、そのままスタンドになるのが素敵です。

S1はスマホの横で握るイメージですが、新しく出たS2は下で握るようになっています。

確かに横でも安定しますが、下の方が動画撮影には快適だよねーと思い、ちょっと部品を変えてみよう!となりました。

※じゃ、S2でいいじゃんとも思いましたがw

Velbon ULTRA STICK SELFIE

セルフィースティック、いわゆる自撮り棒ですね。といっても、自撮りではあまり使わないだろうなーと思ってます。

三脚穴があるものなら、汎用的に取り付けできるので、Shoulderpodもバッチリ取り付け可能です。

棒は6段で伸びるのですが、コレを伸ばさず使うとかなり安定したフォームになります!

で、このスタイル…どこかで見たな。と思ってたら、スマホジンバルなスタイルそのままでした。

DJI Osmo mobile とか Zhiyun Smooth Qとかこんな感じですよね。

手ぶれもかなり抑えられるので、コレ最強じゃん!なのですが、予算&かさばるということで、なかなか踏み切れないのが現状。

Smooth Qは139ドルとかなり手頃な価格なので、年内にはポチってしまうかもw


単にグリップが欲しいだけだったら、ますますShoulderpod S2でいいじゃん。となるのですが、実は他の用途も視野に入れていました。

三脚穴があれば取り付けできる。ということで、THETA SCも取り付けできるのです!!

これに付けることで、THETAの視界が自分の背丈よりも高くなり、撮れる絵もまた違ってくるのかなと思ってます。

更に、pqi Air Penでのリモートシャッターで快適に撮影という流れです。

pglib.sk8punk.net



もう1つ、Velbon ULTRA STICK SELFIEを選択した理由があって、この製品にはグリップ側に三脚穴が付いているのです。

カメラ用の三脚のエクステンダーとして使えるじゃん!なんて考えてます。

※THETAを高い視点で固定できるのは面白そうだなと。

まとめ

以前にマンフロットの585-1というヤジロベェ的なジンバルを買いましたが、結果同じようなスタイルで使っていました。



今回のスティックはコンパクトに収納もできそうなので、普段の持ち運びにも差支えなさそうだなと思ってます。

暖かくなってきて外出する機会が増えると、撮影するタイミングも増えそうなので、それまでに機材をスムースに使えるように練習しておきたいと思います。