PG.Lib

主にUWP、C#に関することやガジェット系

NuAnsNEOを運用中! Office Remote編

ちょっと古めのアプリですが、社内のプレゼンでOffice Remoteを使ったので紹介したいと思います。

www.microsoft.com

準備

アプリ自体はWP8時代のもので、UIも古い感じがしますがNuAnsNEOでもしっかり使えました。

このアプリを使うことで、PowerPointのスライド操作をスマホ側から出来るようになります。

設定にはスマホ側、PC側両方にアプリを入れる必要があります。

スマホ側は先述のものをインストールします。

PC側にはOfficeアドインをインストールします。

Download Microsoft Office Remote PC Setup from Official Microsoft Download Center


インストールしてからPowerPointを開くと、OFFICE REMOTEというリボンが増えています。

ここでOffice RemoteをTurn Onすれば準備完了です。

接続

スマホアプリ側のPC一覧から対象を開くと、開いてるパワポファイルが出てきます。

f:id:fxxk_authority:20170803170522p:plain


選択するとPC側でスライドが開始されます。

あとは大きい矢印ボタンで、スライドをめくったり戻したり。

f:id:fxxk_authority:20170803170536p:plain


アプリバーの中には先頭のスライドに戻ったり、最後のスライドに移動したり、裏側にいってしまったスライドショーを最前面に持ってくる機能があったりします。

また、レーザーポインター機能もあって「資料のここが~」とかも出来ますが、画面が小さかったりラグがあったりで、細かい部分では使えなさそうでした。

まとめ

自分の手は小さい方なのでスマホを握りしめてしまうと、NuAnsNEOでも戻るボタンがちょっと遠かったりしますが、使い勝手は概ね問題ありませんでした。

スライド移動ボタンが大きくて、画面を見なくても操作できるのは素晴らしいです。

プレゼンする時はPCに向かうより聴衆を見て話したいですよね。

コレ系のアプリやツールは色々あるかと思いますが、NuAnsNEOを使ってプレゼンをよりスマートにできるという紹介でした。