PG.Lib

主にUWP、C#に関することやガジェット系

iPhoneでのApplePayの使い方

大抵の人は知ってる事かもしれませんが、最近驚くべきことを知ったのでちょっと書いておきたいと思います。

ApplePay

を経由して、QUICPayを利用しているのですが、財布を出さなくなり大変便利な生活を送ると共に、気づくと財布の中身が…ということもしばしば。

支払後はそのままカード決済になるので、本当に小銭を持たなくなりました。

何なら、AppleWatchを買って、ポケットからiPhoneすら出さない生活もアリだなと思う今日この頃。

起動方法に驚き

ApplePayを支払待ち受け状態にするには、

  • Walletアプリを起動する
  • ロック画面でホームボタンをダブルクリック

の2つだと思ってました。

ところがもう一つあったのです。それは、

  • 何もしない

何とノーガード戦法。

レジ側が支払い待ち受けの状態で、iPhoneかざすと指紋認証待ち画面が出てくるんです。

普段、Walletアプリはフォルダの奥深くにしまってあるので、ロック画面ダブルクリックが主な起動方法でした。

ただ、iPhone7plusの指紋認証は爆速で、ダブルクリック中に認証完了→ホーム画面ってなることがしょっちゅう。

使いづらいなーと思ったのですが、そもそもダブルクリックいらなかったw

別アプリが動作してても指紋認証待ち画面は出てくるので、知らなかった人は勇気を出してサッとかざしてみましょう。