PG.Lib

主にUWP、C#、Office365に関することやガジェット系

Office365 OneDrive のごみ箱を空にする方法

先日書いたエントリーで、Office365のOneDriveのごみ箱が空に出来ないと書きましたが、サポートに問い合わせしたところ解決できました。

pglib.sk8punk.net

答えはクラシックな表示に切り替える

そもそもの問題点が「ごみ箱を空にする」といいつつ、一覧を選択してるだけという動作。そこから削除も失敗するという2重でのトラブルでした。

解決方法として提示されたのが、OneDriveの表示を「従来の OneDrive に戻す」というもの。画面左下にリンクがあるのでクリックします。

f:id:fxxk_authority:20180514152840p:plain


こうするとひと昔前の表示に変わり、この表示での「ごみ箱を空にする」は、全削除の扱いになるようです。

f:id:fxxk_authority:20180514152905p:plain


実行すると十数分待ったのち、無事、ごみ箱が空になりました。

第2段階のごみ箱

クラシックの表記では「サイトコレクションのごみ箱」となっているようです。

こちらを見たところ、空にするという機能自体が無いようでした。

f:id:fxxk_authority:20180514152955p:plain


しかし、記憶域メトリックスを確認したところ、空き容量が増えていました!!

f:id:fxxk_authority:20180514153057p:plain


第2段階のごみ箱は空き容量に影響しないようですね。訂正します。

まとめ

どうにか空き容量の確保することができました。初めてOffice365のサポートを利用しましたが、対応も丁寧で問題解決することが出来てよかったです。

サポートについてはまたエントリー書きたいと思います。


※新UIで削除できない問題は解決していないんですがね…