PG.Lib

主にUWP、C#に関することやガジェット系

iPhone/iPadのバッテリー消費

iOS5以降に言えることだと思いますが、特にiPhone4Sが出たタイミングで、バッテリー消費が早いと話題になりました。

で、今回のiOS5.1のリリースでそれが改善したとも話題になってますね。

 

機能、性能が上がれば、電池の減りが早いのは当たり前でしょ。

ってのが自分の意見なのですが、自分のiPadがあるタイミングから電池の減りが、異常に早くなったことがあったので、その時に解決内容をご紹介。

必ずしも、全ての人に当てはまらないとは思いますが、参考にはなるかと思います。

 

位置情報の設定や、通知の設定、メールのプッシュ設定を見直し、不要な場合はオフにする。というのは良く見かけます。

が、ここでもう1つ、見てもらいたい設定が、各アプリケーションごとのプッシュ設定です。

 

設定画面の下のほうに、各アプリの設定があります。

例えばFacebookのアプリなんかには、[プッシュお知らせ]という設定があります。

こういった設定をオフにすることで、改善することがありました。

 

自分の場合、iPadではFacebookの通知は不要なので、全てオフ。

上記の各種通知設定の見直しで、だいぶ電池の減りは改善されました。

 

最初にも書いた通り、機能が増えたら、電池が減るのは当然です。

使わない機能は切ることで、改善はするので、自分なりに見直してみましょう。