PG.Lib

主にUWP、C#に関することやガジェット系

Visual Studio Codeで拡張機能が使えるらしい

昨日開かれた Connect(); というイベントで色々発表されたらしいが、個人的に気になったのが、Visual Studio Codeで拡張機能が使えるようになったということ。

Visual Studio Code

Visual Studio Code

Microsoftが提供しているフリーなコードエディタで、今回オープンソースにもなったらしい。

基本Web開発向けだけど、対応言語がかなり多くて、今回の更新でGoとかPowerShellとか追加された模様。

対応言語にMarkdownもあって、こういった記事を書くのに向いてそうだったので、今後活用していく方向で考えてる。

Gitにも標準で対応しているので、ソース管理もお手の物。

拡張機能を追加

拡張機能はまず、Visual Studio Codeを最新版にする。

Ctrl+Pで入力窓を開いて、

>extensions

と入力して、

Extensions: Install extension

を選択すると、ちょっとロードした後、リストからインストールする拡張機能を選択できる。

インストール後はVSCodeの再起動の後使えるようになる。

拡張機能の一覧はこちら

色々入れたけど、面白かったのはMDTools

英字のみだけど、ASCIIアートを生成してくれる。

これでWebサイトに盛大なコメントを残すのが捗る!!

まとめ

ということで、拡張機能をバンバンいれて遊んでるけど、全然重たくならないのでこれなら8インチタブとかに入れても軽快に動作しそうだし捗りそう。

コードもドキュメントも1つのエディタで!ってのが素敵だなーと思った。