PG.Lib

主にUWP、C#に関することやガジェット系

Windows Phoneを日常使ったら困りそうなこと #wpjp

SurfacePro2を日常レベルで使ってそれなりに時間がたちます。

とりあえず凄く快適。日常使ってみてレビューは後日まとめる予定です。

iPhoneやNexusが日本国内でもSIMフリー端末を販売し、格安SIMの需要も供給も潤ってきた昨今、WindowsPhoneはどうなってんのじゃー!?と心の中で叫ぶ日々。

WP勢もそろそろ日本MS直販レベルでSIMフリー端末出してもいいのでは?(というか出さない理由が見たらないのですが…。)と思っています。

まぁ、Amazonとかでも買えるレベルなので通信しない前提だったり、技適気にしなければ使えるんですけどね。正規な方法で行きたいのが一般人じゃないですか。

 

では、SIMフリー直販なり、キャリアなりから実際にWPが販売されたとして、現iOSユーザーが乗り換えた場合に、日常レベルで困りそうなことを妄想レベルでまとめてみましたw

はっきり言ってデメリットばかりかき集めてます。が、私もWP端末の国内導入を望む人間の一人。

そんな人が懸念する課題と思って聞いてあげてください…。

 

・ユーザー辞書がない

日常レベルで言ったらこれが一番困る気がする。

MSには優秀な日本語入力のIMEがあるにも関わらずユーザー辞書がないという。

いくらPeopleのSNS統合が優秀とはいえ、そこから投稿するときに入力がおぼつかない、顔文字が打ちづらいではねぇ…。

・定番のSNSクライアントが少ない

先日のWindows8アプリの問題点でもピックアップしましたが、SNSクライアントが圧倒的に少ない。

ゼロではないがユーザーの選択肢が狭すぎる。

開発機でしばらく使ってみた時期もあったが、結局People+公式クライアントしか使わないという具合。

これはもう開発者依存ですが、ユーザー数に比例してアプリ数も増えるので、時間が解決すると思うしかないのか?

・ゲームが少ない

これもWindows8と同様だけど。スマホの場合もっと致命的だと思う。

かなりのメジャーなスマホゲームでもWPでは遊べません。(FF1はありますが)

iOSからWPに乗り換えたらパズドラ出来ないです。FFピクトロジカ出来ないです。

現在リリースされているアプリでiOSAndroid両方とも対応というのは珍しくありません。

WindowsPhoneに変えたらこのゲームは遊べなくなるよ!となったら果たして変える選択肢になり得るのか…?


日本ではauから出てるIS12Tが唯一の販売端末で、いつだったか見た資料ではスマホシェアが1%を切っているという悲惨な状況。

正式に販売された暁には、俺は買うぜ!って人がそれなりにはいるでしょうが、日本の世間的にはそれが答えなのかもしれません…。

 


そもそもWPのターゲットが既存のスマホユーザーより、フューチャーフォンを使用してるユーザーが対象なのかもしれません。

WP8良いよ的な記事、ツイートは良く見ますが、現状のままでは国内販売してもWP7の時とあまり変わらない気がします。

とはいえ、販売しなければシェアは出ないし、アプリも充実してこない。

まずは1台!WP8を国内販売してもらいたいです!

できればLumia1520!!