読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PG.Lib

主にUWP、C#に関することやガジェット系

Windows8

今日、アメリカのBuildというイベントで、Windows8の発表がありました。
それと共に、Developers Previewが公開されましたので、早速試してみたその経過と感想。

とりあえずインストールですが、まさか実機という訳にはいかない。
VMWareの環境があるので、VM準備、isoマウント、いざ起動!
…しない。64bitも32bitもダメ。
BIOSIntel VTが無効になってたから、有効にしてみたけど、やっぱりダメ。

少し調べると、某掲示板でVMWareはダメとの事が。うわ。
仕方が無いので、Hyper-Vを間借りしてインストール開始…上手くいった!

インストール手順は殆ど7と変わりませんが、ユーザーがWindows Live IDと紐付ける必要があるみたい…
これ、Active Directory使いたい場合どーするんだろ??

まぁそんなこんなでセットアップ完了!!
色々いじりました!
以下感想。

全然インターフェース違う!
タッチありきだからマウスだとやりづらい!
どーやってメトロアプリ閉じるの!?(alt+F4でしのいでました…)
エクスプローラにリボンだと!?
VS11まで入ってるとは!!
メトロアプリはXAMLなんですね…
どっかにタブレット端末空いてるのないかな…
デモ映像はもっと色々やってたけど、全然使い方わからん!

ってな感じ。

また古い方々からブーイングが出そうですね。
(未だにXP使ってるぜ!と鼻息荒くされてる方々とか…)

とりあえず、XAMLはそろそろ要勉強な感じすね。