PG.Lib

主にUWP、C#に関することやガジェット系

Windows8CPでHyper-V

実機にWindows8をインストールする機会が出来たので、色々と環境を整えているところですが、合わせて新機能を試してみたりもしました。

個人的に一番興味があったのが、クライアントOSでのHyper-Vです。 今はVirtualBoxを使ってるのですが、やはりハイパーバイザー型の方が良いし、MS純正の方が何かと融通が効くかなと。

準備方法は、Windowsの機能の有効化から、Hyper-Vにチェックを入れて再起動するだけです。 慣れないOSでそこまで辿り着くのに、若干苦労しましたが…

使い勝手はHyper-V2.0とあまり変わらない気がします。 ただ、設定項目が少し増えてる気が… 多分、知らない機能が沢山増えてるんだと思います!

またしばらく使って、気になる事があれば書き留めておきます。