読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PG.Lib

主にUWP、C#に関することやガジェット系

Multi Function Display アプリの紹介

久しぶりにアプリを開発、公開した。

アプリ名は Multi Function Display

Tile360

ストアリンク

コンセプト

車の追加メーターや総合的な情報端末的なアプリを目指してる。

機能

初期バージョンでは、

  • 燃費記録
  • 地図、速度計

くらいしか機能が無いが、今後のアップデートで追加していく予定。

追加予定の機能としては、加速度、ジャイロあたりを使って走りのスムースさを表現出来たらいいなーと思ってる。

あとは燃費記録がとにかく簡単になるように考えていて、とりあえず入力をタッチパッドにしてみたりしてる。

WP3

 

現在は細かくアップデートを繰り返して、使い勝手を向上していくので、しばらくは温かい目とレビューを書いて見守って頂ければと。

 

開発してて思ったこと

個人で開発していると、まとまった時間を開発にあてるのは難しい。

特にアプリコンテストのように期限が決められていると、最終的に良いものを作り上げられるかは、お仕事スケジュールとの運次第。

ネックになるのが、どこまで開発するか?というところと、ストア提出時のリソース準備だと思う。

解決するには、とりあえずコンセプトレベルで開発して公開までしてしまうというのも一つの方法かな?と思った。

きれいに仕上げて、一発モノで公開!となると申請用リソースの準備もかなり大変。

コンセプトレベルなら「まぁとりあえずこれくらいかな?」で用意ができる。

あとはコンテスト締め切りまでアップデートを繰り返してアプリを仕上げれば、どこまで機能を盛り込むか?というのも区切りがつきやすい。

ストア用リソースも最終版で作り直すも良し。そのまま行くも良し。だと思うので、まずは作る→提出するが重要かな?と思った。

結局今回もとりあえずで作って、今もアップデートを繰り返してるし…。

今回作ったアプリは今も育っているので使ってみてほしいです。お願いします。