PG.Lib

アプリ開発関連とかガジェット関連とか

Microsoft Office 2019のインストールが面倒過ぎる件

たまたま機会があって、Office2019をテスト環境にインストールする事になったのですが、これがまぁ想像以上に面倒でした。


結論から言うと、普通に使うなら素直にOffice365ライセンスを購入した方が、だいぶ精神衛生上良いですね。


大抵の場合、PC購入にバンドルされていたりするので、問題なく使用できるかと思いますが、ボリュームライセンス購入時は、2016以前と比べて分かりづらくて大変!と感じる人が出てきたりもするんじゃないでしょうか?


インストール作業自体が変わった

Office365の場合はブラウザ上からダウンロードしてインストールという流れでした。


そして、Office2019の場合、Office展開ツールというものを使う事になるんですが、これがなかなか面倒な代物で、今までのようなインストールウィザードのようなものではないのです…。

作業手順

作業手順は、こちらのサイトを参考にさせて頂きました。

www.ka-net.org

大変助かりました!!



大枠の流れは、

1. Office展開ツールのダウンロード
2. ダウンロードファイルの展開
3. Configuration.xmlの作成
4. setup.exeの実行

となります。


1と2の作業は難なく終わりましたが、3.configuration.xmlの作成がよくわかりませんでした。



導入 Office 2019 (IT プロフェッショナル向け) | Microsoft Docs

この辺りのリンクが参考になりそうでしたが、コレ全部手で書くの!?と衝撃を受けました。


が、Office Customization Toolというサイトで、configuration.xmlを生成する事ができるようです。

f:id:fxxk_authority:20190222143831p:plain


ここで必要なライセンスの形態や必要なアプリを選択します。


何となく、コレがインストールウィザード替わりなのかな?と思ったりもしました。


右上のエクスポートボタンで、ファイルを展開先のフォルダへダウンロードして準備OK。

f:id:fxxk_authority:20190222143853p:plain



そして、コマンドプロンプトで展開先のフォルダのsetup.exeを実行します。

私の試した環境では、PowerShellでの実行はエラーになってしまいました。あくまで、コマンドプロンプト、そして管理者実行で作業する必要がありそうです。

setup /configure configuration.xml

で、ようやくインストールが開始され、無事Officeを使う事ができるようになりました。


まとめ

一度理解してしまえば、Configuration.xmlは使いまわすだけだし、コマンド叩くだけだし簡単じゃん!と思いますが、Configuration.xmlについて理解しておく必要があるのと、OSデフォルトになったはずのPowerShellがインストールに使えなかったというのが、今回のハマりポイントでした。


大規模な企業であれば、展開ツール系はよく使われているかと思いますが、そこまでまとまった台数を扱わない会社では、手作業でインストールしてたと思うので、いきなり展開ツールを強要されても困りそうな気がします。予告とかはあったりしたのかな…?



あと、店頭購入ライセンスだとどうなるかも気になりますね~

お客さんに店頭購入のOfficeを買ってもらうことがあったのですが、Microsoftアカウントが必要とかPCにあまり詳しくない方への説明が難しかった記憶があります。

まさか1、2台インストールするために、展開ツールを使えって事は無いと思いますが…。


慣れということでしょうか・・・?