PG.Lib

主にUWP、C#に関することやガジェット系

Wunderlist と Microsoft To-Do の比較

以前より個人的なことや作業的なことをWunderlistで管理してました。

機能もデザインも素晴らしく、アプリもマルチプラットフォームに対応していて殆ど不満なく利用してました。

が、突然の Microsoft To-Do リリース。今後はこちらが主体で Wunderlist は消えていくとか。

Welcome to Microsoft To-Do

どうも Office365 ベースになってくるんだとか。それは確かにお仕事向けには便利かも。

終了してしまうものは仕方がないので、Microsoft To-Do へ移行しましたがいくつか不満が出てきたので書いておきたいと思います。


スター機能がない

Wunderlist では特に重要!というタスクに、スターを付けられますが Microsoft To-Do にはありません。

重要度が平滑になってしまうと、作業順の目安とかがパッと把握しづらいんですよねー。

フォルダ機能がない

Wunderlist ではタスクのリストを更にフォルダ分けできました。

個人用、家族用、作業用 などジャンル分けできたのはかなり便利でした。

Microsoft To-Do ではリストごとにテーマ、色を設定できるので、ある程度代用はできそうですが、フォルダを折りたたんで表示が出来たのは見やすかったなー。と思いました。

リストの共有ができない

家族間や作業メンバー間でタスクを共有するのが Wunderlist の大きな特徴だったと思います。

特に作業メンバー間での共有は情報の共有に役立っていました。

「今日」「週」がない

Wunderlist では期限が今日までのもの、あと1週間のものを自動でまとめて表示してくれてました。

Microsoft To-Do では「私の1日」というところへ、手動で入れていくことになるようです。

悪くはないんですが、期限切ってるんだからある程度自動で出てくるのは便利だったなーと思いました。

まとめ

現在はプレビュー版なので、機能が足りないとか動きがおかしいとかは仕方ないと思います。

こちらの記事によると、順次機能移植されていくようなので、早く同じような使い勝手になるといいなーと思います。

forest.watch.impress.co.jp