PG.Lib

主にUWP、C#に関することやガジェット系

XboxOneでTwitch配信とYouTubeへアップロードしてみた

XboxOneでTwitchアプリを使えば、簡単にゲーム実況プレイができます。

実況するにはTwitchアカウントが必要で、名前の雰囲気からTwitterアカウントがあればいいんでしょ?と思ってしまうが、まったく関係は無く新たに作る必要があります。

準備→配信

XboxOneにアプリをインストール→起動して、作ったアカウントでサインインをします。

配信したいゲームを起動してから、再度アプリを開いて配信ボタンを押すだけ。

設定からマイク入力を配信しないとかできるので、チャットしながら配信したいときはオフっておくといいと思います。

配信をアーカイブしたい場合は、Webのアカウント設定からしか変更できません。

記事を書いた時だと無料アカウントで7日間保存されるようです。

Twitch

気になる点

これもWebからですが、YouTubeへのエクスポートが可能なようです。

試しに45分の配信をExportしてみたところ、動画が長すぎますで速攻削除されてしまいましたw

オプションで15分ごとに分けるというのがあったので、これを有効にすることでアップできました。

が、YouTubeから速攻でメールが来て、BGMが著作権的にヤバいよ。と。

即刻アカウント停止されるとかではないようですが、コレがダメならゲーム配信全部ダメじゃんって話で。

精神衛生上よろしくないので、このあたりもうちょっと整備されてほしい。

www.youtube.com

 

まとめ

FPS自体コレが初なのでもっと練習して上手くなりたいなー。

結構面白かったのでシーズンパスの購入も検討中。

なお、XboxOne版のSWbfが国内累計売上1900本程度というニュースを聞いて愕然としている次第です。